いせ眼科クリニック 院長のブログ

札幌にある「いせ眼科クリニック」院長のブログです。

カテゴリ: その他

 いせ眼科クリニック 院長です。

今回はこの機械、「光学式眼軸長測定装置 トーメーOA-2000」です。


光学式眼軸長測定装置とは?

眼軸長*1(角膜頂点から網膜までの長さ)の測定誤差は、白内障手術後の屈折誤差の要因の1つです。
屈折誤差が大きくなると、手術後の裸眼でのぼやけが予定よりも大きくなります。
そのため、この屈折誤差を少なくするためには眼軸長の測定精度を向上させる必要があります。
従来の超音波A-mode法による眼軸長の測定は、接触式のため点眼麻酔が必要で眼球圧迫による測定誤差や、測定値のばらつきなどの問題点がありましたが、光学式眼軸長測定装置では、非接触式のため、これらの問題点が解決されており、さらにOCT技術が採用さているため、短時間、高精度で測定することが出来ます

当院では、OA-2000(トーメーコーポレーション社製)を導入し、白内障手術の術前検査に活用しております。

無題

0917_02


この機器の導入前は、超音波A-mode法の機械を使っていました。
決して悪い機械ではなかったのですが、測定に時間がかかるということと、時々測定値が安定しない患者さんがいて、眼内レンズの度数の決定に苦慮することがありました。
OA-2000導入後は、短時間(数秒)で測定でき、測定値もすばらしく安定しており、眼内レンズもすんなりと決定できるようになりました。

技術の進歩ってすごいですね

ただし、かなり進行した白内障や角膜や眼内に濁りがある方は、測定できないこともあり、その場合は従来のA-mode法による測定が必要となります。


                                                                                                         





いせ眼科クリニック 院長です。

ブログ更新をサボっていた3年の間に、当院でもいろいろな機器を導入しました。

これから少しづつ紹介していきます。

3次元眼底像撮影装置3DOCT-1 Maestro


無題



光干渉断層撮影OCTとは、Optical Coherence Tomographyの略語で、光の干渉性を利用して網膜の内部構造を高速で撮影する検査機器です。 近赤外線を照射して非接触、非侵襲、短時間で撮影できますので、被爆の心配もなく、網膜や脈絡膜のわずかな異常を検出できます。また角膜や前房隅角などの前眼部撮影も可能です。

この機器の導入により、加齢黄班変性症、糖尿病網膜症、中心性漿液性網脈絡膜症、網膜静脈閉塞症等の網脈絡膜疾患や緑内障等の視神経疾患の早期の診断、治療の決定や治療効果の判定が出来るようになりました。

以前は眼底の写真をとったり、眼にレンズをくっつけて時間をかけて観察したりして診断していたものですが、短時間(数秒)で以前の検査よりもはるかにたくさんの情報が画像で見られるようになりました。
患者さんの負担は軽く、情報は多く、本当に便利になったものです





少々遅くなってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。

さて、本日は北海道神宮へ初詣に行ってきました。
今年は年男になりましたので、ご祈祷をしていただきました。
とても空気が澄んでいて荘厳な雰囲気で、大変良かったです。
境内に出店がたくさん出ていましたので帰りにたこ焼き、鳥皮の唐揚げ、チーズドックやベビーカステラを購入、美味しくいただきました


今年もよろしくお願いいたします。



いせ眼科クリニック 院長です。

さて、本日が今年最後の診療となりました。

当院での今年一番の出来事はやはり胆振東部地震です。
幸い当院ではそれほど大きな被害はありませんでしたが、停電のため2日間の休診と予定していた手術が延期となり、大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。

また被害の大きい地域の方々には心からお見舞い申しあげると共に
復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

今年もたくさんの方にご来院いただき、ありがとうございました。
来年も微力ながら、地域医療に貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。





このページのトップヘ